想像以上に快適だった高速バス

携帯、スマホの充電器は持っていくと心強いです。しかし、2つの席にコンセントがひとつ、又は、コンセントがひとつもないというバスもあるため注意が必要です。
高速バスは途中休憩を挟み、そこでトイレ休憩ができます。バスにもトイレが取り付けられているので、もちろんそこを利用することができます。休憩所は、ほとんどの場合自動販売機が併設されているため、飲み物などは買うことができますが、食べ物は売ってない場合があるので、乗る時間帯によってはあらかじめ用意しておく必要があると思います。
荷物に余裕がある場合は上着や小さめの毛布などを持っていくと良いです。特に夜間の利用は冷え込むので、1枚でも膝にあると安心できると思います。席がドアの近くだと外の環境に左右されやすいので、こまめな温度調節ができる服装だと良いです。以前、夜間に利用した時、ドアの近くだったのですが、休憩時間に扉が開くと寒く、なかなか寝付くことが出来ず失敗したことがありました。
そして、ちょっとした小話なのですが、高速道路などでバスがすれ違う時、運転手さんが互いに手をあげてあいさつをしています。安全確認など様々な理由があるそうですが、前の席の時しか見られないので、もし機会があったら是非。

«
»